足痩せ・太もも・下半身 痩せる方法 「あしほそ」

足やせ・太ももやせ・下半身痩せる方法 口コミ

自分自身の足、身体とどう向き合うかというお話

投稿日:

足痩せ ふくらはぎ

太腿やふくらはぎの余分な脂肪が悩み

女性。
30歳、30代。
細身体型とよく周りから言われます、派遣会社勤務。

足全体が太いというより、太腿やふくらはぎの余分な脂肪が気になる悩み、1つにまとめてしまえば足が太く見える、という事ですね。

テレビで見る女優さん、モデルの方の足の長さや細さを見ると私達一般人にはとても羨ましい、別に私もモデルを目指している訳ではないので比較するのはどうかと思いますが、同じ女性として魅力的です。
でも陰では、相当な努力とプレッシャーで身体を鍛えているのだな、とも同時に思います。

密かに運動や足マッサージ

私達はテレビという表舞台に立つ仕事ではなく、足が太かろうと細かろうと何も問題はありません。
気にしない人はそのままだし、気にする人は足痩せダイエットをします。
ちなみに私自身は周りの人達に足が太いから細くしたいという話は恥ずかしくて出来ませんが、密かに運動や、足マッサージをしたりと頑張ったり。
誰に見せる、という事ではないですが自己満足ですね。

例えば、これからの季節は黒いタイツを着用するので、膝上丈のスカートやワンピースが着れる。
私はパンツ派ではなく、スカート派なのです。
でも来年1月にはもう31歳になるし太い足を出して良いのかがネックで、お店にある好みのスカートを試着して良いと思っても、短めの丈は諦めてしまいます。
そう考えるのは大抵夏の時期なので、冬はある意味助かる。

単に足が太いから、だけではなく20代の頃と比べて生足を出して良いのか、見っともないと思われないか、など悩む事もあります。

 

 

健康的で引き締まった足を目指す

前に自己満足とは言ったけど、周りの目も気にしてしまう憶病者。
高めのヒールを履けば少しは違うだろう、と感じながらもスニーカー大好きな私はヒールを履くなんてもってのほかなのです。
ちょっと悲しい話をしてしまいましたが、切実な想いを持ちながら現在は長めのスカートでもファッションを楽しむ事を考えようと、気持ちを切り替えてる所。

足は細い方が絶対に得だ、なんて思い込んでいましたが年齢も30を超えた今、細い足より健康的な足を目指す、引き締まった足にしようではないかと思う。

モデルさんの細くて綺麗な足も魅力的だけど、スポーツをされているアスリートの方の足も魅力的です。
私はそこまで筋肉を付ける事は出来ませんが、締まった足は何歳になっても女性の武器となり、自信を与えてくれるものになるかもしれません。

頑張れば年相応のファッションをより楽しめるかも

もう少し歳を重ねていけば、スカート欲が抑えられるかも、今は足に自信がないからスキニーパンツなど、足のラインが丸出しになってしまうのは避けてるけど、頑張れば履きたいと思うようになるかもしれない、年相応のファッションをより楽しめるかも、と自分自身に期待したいです。
今流行りのガウチョパンツ、スカートにみえるスカーチョなんていう言葉はいつから流行り出したのかよく分かりません。
でも足の太さをカバーできるし、お洒落も重視したい、という女性の味方商品と言われていますね。

足の太さは勿論、ウエストも甘やかしたくない

よく行くお店でもそういうのが陳列されていますが、試着も購入も1回も経験がない私です。
ファッション的には良いと思いますが、大抵ウエストがゴム仕様になっているのが多いから楽なんでしょうけど、足の太さは勿論、ウエストも甘やかしたくないのが正直な気持ち。
体型カバー出来る商品は本当に有難い気持ちもあります。

しかし、何も履いてないみたい、楽チン、となってしまうといざ服を脱いだ時の自分を見てショックを受けたくありません。
たまには良いですが、自分を甘やかしちゃうと足だけではなく、他の部分も太って取り替えのつかない事にはなりたくないのです。

こんな事言ってしまったら、世の女性達の反感を買ってしまいますが、指定通り一般論ではなく、私自身の考えで、文章を書きました。

これから自分の足を引き締めていくのに、どう努力するかは考え中ですがきっと実現出来るように精進します。
目標を持てば将来は明るいです。

 

 

-足痩せ, 足痩せ体験談
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 足痩せ・太もも・下半身 痩せる方法 「あしほそ」 , 2018 All Rights Reserved.